JR篠ノ井線旧線の廃線区間を取り上げてみました。


◆ 簡単スペック
 開通:
 廃止:1980年4月ごろ
 区間:JR篠ノ井線 西条−明科間
 
 初回訪問日:2008年04月29日
 初回掲載日:2008年05月03日
 最新更新日:2008年04月02日
 
 篠ノ井線旧線廃線     
 
Page 01
@ 簡単マップです。 A 西条駅南500mぐらいの地点です。新旧線の分岐点です。(ロールオーバー解説付き)
B 分岐後の別れ状態・・・右側の割堀の中に軌道跡があります。(ロールオーバー解説付き) C Bのアップ!別方向へ伸びている廃線跡がなんとも・・・
D 小仁熊上の集落からみた旧線の築堤。架線柱がしっかり残っています。 E 国道403号線から西条駅方向をみた図。
F 国道から築堤までアクセスしてみました。架線柱が結構新しい。 G 西条駅方向をみています。
H 撤去された鉄道設備が乱雑に放置されています。奥にはレールがそのまま残っています。 I 築堤に残るレール。
J 国道403号線のバイパスをアンダークロスする廃線跡。旧線廃線になる前に国道のバイパスができたのですかねぇ〜? K 旧線区間西条駅から1つ目のトンネル、小仁熊トンネルと言うそうです。蓋されてます。
L 国道から覗いてみました。 M Lからは一山越えた国道の旧道部分に、こんな解説文が・・・
N Mの解説にある延長前のトンネル入り口部分。(ロールオーバー解説付き) O 延長されたトンネル入り口


篠ノ井線旧線廃線     



▲このページのトップへ戻る




Index / Top / E-mail

Copy right 2008 Studio Nikudango. All rights reserved.