木曽森林鉄道 笹川線床並沢作業軌道


◆ 簡単スペック

 着   工  不明 区   間   床並〜床並沢上流 廃   止  不明
 開   通  不明
 調査・撮影  2007年 5月

 参考資料:小木曽森林鉄道(薮原営林署出版)、木祖村誌・村政要覧ほか
 協力:水木沢天然林管理棟職員さん

 この路線の事はさっぱりわからない。長野県木祖村の薮原に走っていた木祖森林鉄道笹川線の廃線跡を追って水木沢天然林管理棟に立ち寄った際、そこの営林署OBの職員の方に教えてもらって初めてわかった路線。もっとも作業軌道であった為、本格的な橋梁跡などがあるわけではなく僅かながらの軌道敷跡が残っているのみであった。また簡単スペックなんかはさっぱりわからない。



@ 右の道に行くと笹川森林鉄道の本線軌道敷がある。左にはその路線の細島(床並)の停車場がある。昔はどう合流していたのだろうか? A 林道整備された軌道跡。細島方向をみています。
B 整備された林道と旧林道(=軌道敷跡)の分岐点。 C 軌道敷跡(旧林道)からBの部分を見た図
D カーブし高度を徐所に上げていく軌道敷跡。 E Dの先、右にカーブしている。
F Eの先、反対側から見た図。カーブを終えた軌道敷が手前に延びる。手前が水木沢美林方向。 G 林道から軌道敷跡を望む。
H 林道(下)の上を走る軌道敷跡。 I 軌道敷を切り開いた林道。(写真の上にマウスポインタを持っていってください。プチ解説画面がでます。)
J 軌道敷(=旧林道)に残るカーブミラー K 山肌を走る軌道敷跡。
L だいぶ削られているがなんとか軌道敷跡が残る。(写真の上にマウスポインタを持っていってください。プチ解説画面がでます。) M 山の中腹を走る軌道敷跡。右が細島、左が水木沢
N かろうじて残る軌道敷跡。 O 水木沢美林管理棟の上を走る軌道敷跡。この先美林内を床並沢にむかって延びている。

 

▲このページのトップへ戻る




Index / Top / E-mail

Copy right 2007 Studio Nikudango. All rights reserved.